CBDとの薬物相互作用 禁忌薬リスト



CBDへの理解が広まって来たと同時にすでに投薬をされている方からのお問い合わせも増えてきました。
以下に、CBDと薬物相互作用があるお薬のリストを掲載します。
全てを網羅しているわけではありませんが、ご参考になさってください。
(参照元 インディアナ大学医学部リスト、mydosage.com)



CBDと薬物相互作用:禁忌

CYPシステムによって代謝される治療用化合物には、CBDの影響を受ける可能性のあるものがあります。CYPシステムによって薬が代謝される可能性があることを示す1つの目安は、
薬剤師がグレープフルーツやクレソンを食べたり、セントジョンズワートやゴールデンシールサプリメントを使用しないように指示した場合です。
ただし、これは決して確実な検査ではなく、常に最初に担当の医師と薬剤師に確認する必要があります。


ステロイドおよびコルチコステロイド

例えばヒドロコルチゾン、コルチゾン、プレドニゾン、トリアムシノロンおよびデキサメタゾン

HMG CoAレダクターゼ阻害剤(スタチン)

例えばアトルバスタチン、フルバスタチン、ロバスタチン、プラバスタチン、ピタバスタチン、
シンバスタチンおよびロスバスタチン

カルシウムチャンネル遮断薬

例えばアムロジピン、ジルチアゼム、フェロジピン、イスラジピン、ニカルジピン、ニフェジピン、ニソルジピン、ベラパミル

抗ヒスタミン剤

例えばブロムフェニラミン、セチリジン、クロルフェニラミン、クレマスチン、ジフェンヒドラミン、
フェキソフェナジンおよびロラタジン

運動学(運動性薬物)

例えばドンペリドン、メトクロプロミド、レボスルピリド、レンザプリド、プルクロプリド

HIV抗ウイルス薬

例えばアバカビル、ジダノシン、エムトリシタビン、ラミブジン、スタブジン、テノホビルアラフェナミド、
フマル酸ジソプロキシル、ジドブジン

免疫モジュレーター

例えば免疫グロブリン、免疫抑制剤および免疫刺激剤、細菌およびウイルスワクチン、

ベンゾジアゼピン

例えばアルプラゾラム、クロバザム、クロナゼパム、クロラゼペート、
クロルジアゼポキシド、ジアゼパム、エスタゾラムおよびロラゼパム

抗不整脈薬

例えばアミオダロン、フレカイニド、プロカインアミド、プロパフェノン、キニジン、トカイニド

抗生物質

例えばアモキシシリン、ドキシサイクリン、セファレキシン、シプロフロキサシン、クリンダマイシン、
メトロニダゾール、アジスロマイシン、スルファメトキサゾール-トリメトプリム、
アモキシシリン-クラブラン酸およびレボフロキサシン

麻酔薬

例えばバルビツール酸塩、アモバルビタール、メトヘキシタール、チアミラール、エトミデート、ケタミン、プロポフォール

抗精神病薬

例えばアリピプラゾール、アセナピン、カリプラジン、クロザピン、ルラシドン、オランザピン、クエチアピン、リスペリドンおよびジプラシドン

抗うつ薬

例えばシタロプラム、エスシタロプラム、フルオキセチン、フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン、
ボルチオキセチンおよびビラゾドン

抗けいれん薬/抗けいれん薬

例えばアセタゾラミド、カルバマゼピン、クロバザム、クロナゼパム、エトスクシミド、フォスフェニトイン、ガバペンチン、ラコサミド、ラモトリギン、レベチラセタム、メトスクシミド、ニトラゼパム、フェノバルビタール、フェノバルビタール、フェノバルビタール、フェノバルビタール、フェノバルビタール、フェノバルビタール、フェノバルビタール、塩酸チアガビンおよびゾニサミド

ベータ遮断薬

例えばアセブトロール、アテノロール、ベタキソロール、ベタキソロール、フマル酸ビソプロロール、カルベジロール、エスモロール、ラベタロール、メトプロロール、ナドロール、ネビボロール、ペンブトロール、プロプラノロール、ソタロールおよびチモロール

プロトンポンプ阻害剤(PPI)

例えばオメプラゾール、ランソプラゾール、パントプラゾール、ラベプラゾール、エ
ソメプラゾールおよびデキスランソプラゾール

非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)

例えばアスピリン、セレコキシブ、ジクロフェナク、ジフルニサル、エトドラク、イブプロフェン、インドメタシン、ケトプロフェン、ケトロラク、ナブメトン、ナプロキセン、オキサプロジン、ピロキシカム、サルサレート、スリンダク

Angiotension IIブロッカー

例えばアジルサルタン、カンデサルタン、エプロサルタン、イルベサルタン、ロサルタン、オルメサルタン、
テルミサルタン、バルサルタン

経口血糖降下薬

例えばスルホニル尿素、メグリチニド、ビグアナイド、チアゾリジンジオン、α-グルコシダーゼ阻害剤、
DPP-4阻害剤、SGLT2阻害剤およびシクロセット

スルホニル尿素

例えばグリナーゼ、ミクロナーゼ、アマリル、ジアビン酸、グルコトロール、トリナーゼおよびトルブタミド


「プロドラッグ」として知られている他の薬物もあります。
これは、それ自体が治療用化合物であるのとは対照的に、ほとんどの薬物と同様に、その治療用化合物に代謝される必要があります。
つまり、不活性化合物が摂取され、体内に入ると、活性化合物に加工されます。
この処理がCYPシステムに依存している場合、インヒビターは、体内で利用できる活性薬物化合物の量が不十分になる可能性があり、その結果、所望の治療効果が達成されない可能性があります。

たとえば、そのようなプロドラッグの1つは、モルヒネに代謝されるコデインです。同様に、VyvanseとConcertaというブランド名のlisdexamfetamineは、このカテゴリに分類される他の2つの人気のあるADHD薬です。


まずは担当の医師に相談してください

CBDと相互作用する可能性のある上記の薬物リストは、決して網羅的ではなく、CBDが相互作用する可能性のあるすべての薬物を含んでいるわけではありません。
同様に、上記の薬物カテゴリのすべてが必ずしも原因と相互作用を引き起こすわけではありません
(ただし、これらの薬物の1つを服用している場合は、注意することをお勧めします)。
このため、CBDオイルまたは製品を使用する前に、医師または治療医に相談することが重要です。

重要なポイント

CBDの安全性プロファイルは、十分な忍容性があり、使用しても安全であると同時に、
深刻な副作用を引き起こすことはほとんどないことを示した研究の結果、確立されています。
同様に、CBDは体内の多種多様なシステムに大きな影響を与える化合物であり、
それが非常に多くの状態に対してそのような効果的な治療薬になります。
しかし同時に、それが、他の薬物と相互作用する可能性がある理由であり、
CBDを注意深く尊重して摂取する必要がある理由です。



正しい知識を広めるため多くの方に伝えてください。
ブログなどにお使いになる場合は引用元の記載をしてくださいね。

CBD Kitchen


CBD Kitchen 海辺+CBDのリラックスをあなたに

リラックスできるシチュエーションでCBDを楽しんでみませんか? 海辺までCBDをお届けに上がります!

0コメント

  • 1000 / 1000